筆者一押しのスマホゲーム!(ココをタップで表示!)

【ロマサガ3リマスター】ヤンファンの性能・評価【おすすめの武器・術・仲間にする方法を解説】

【ロマサガ3リマスター】ヤンファンの性能・評価【おすすめの武器・術・仲間にする方法を解説】

ヤンファンの性能・評価【おすすめの武器・術・仲間にする方法を解説】

ヤンファンの性能

ヤンファンの初期能力

LP腕力器用早さ体力魔力意志魅力
1210152110232119
剣・大剣斧・棍棒槍・小剣体術
555510
月術
15

ヤンファンの評価:魔力と素早さの高さが魅力!

ヤンファンは、魔力23、素早さ21と、術の使用に長けたパラメーターとなっているのが特徴だ。

実は、仲間の中で素早さの高い術士タイプはヤンファンしかいない。

敵よりも先に動くことが出来るので、強力な全体攻撃術があれば、雑魚戦は敵が動く前に殲滅することが出来る。

覚えている術は月術なので、攻撃用に蒼龍術や白虎術を覚えさせたいところ。

術士タイプではあるが、素早さが高く、最初から体術レベルも高めに設定されているので、体術を使わせることも出来るので覚えておこう。

しかし、仲間になるのがゲーム終盤で、育成に時間がかかるのがネックなキャラだ。

閃き適正は全ての槍技に適正がある。

また、特定のキャラしか覚えることが出来ない「地ずり斬月」と「抜刀ツバメ返し」の閃き適正がある。

おすすめの武器

ヤンファンは魔力の高い術士タイプなので術を使わせるのが一般的だが、「体術」の成長率も高いので、体術を使うのがオススメ。

素早さは高いが、腕力が低いので、戦闘中に白虎術の「ベルセルク」や、聖王の槍の「勝利の詩」で腕力を底上げすれば体術で戦えるようになるぞ!

オススメの技は「龍神烈火拳」。

おすすめの術

ヤンファンにオススメの術は「蒼龍術」と「月術」。

素早さが高いので、先制「トルネード」で雑魚敵を殲滅できるのが魅力。

また、「龍神降臨」からの「シャドウサーバント」、さらに「龍神烈火拳」で大ダメージを狙うことも可能だ。(戦闘中の腕力の底上げが必須。やり方は上記「おすすめの武器」の項を参照)

ヤンファン運用のポイント

ヤンファンは加入時は月術しか覚えていないので、まずは攻撃術を覚えさせてあげよう

オススメは蒼龍術だが、白虎術も強いのでどちらでもいい。(白虎術を覚える場合は「超重力」と「シャドウサーバント」がメインとなり、体術は必要ない)

蒼龍術を選んだ場合は、雑魚敵戦では開幕「トルネード」、ボス戦では「龍神降臨」を使わせよう。

ボス戦での戦い方は、「龍神降臨」からの「シャドウサーバント」、そして体術の「龍神烈火拳」を連発していく。(この時、他の仲間で腕力を底上げできる聖王の槍の固有技「勝利の詩」を使い続けるのがポイント)

術士でありながら体術を使うヤンファンは、かなりカッコいい。

しかし、仲間になるのがゲーム終盤となるので、育成から始める必要がある

仲間に加入したら、アスラ道場で一気に術、体術レベルを上げてしまおう。

仲間にする方法

ヤンファンの居場所は玄城。酒場の上にある民家。

条件を満たせばゲーム中盤で一時的に仲間になる。

正式に仲間になるのはゲーム終盤。

ヤンファンを仲間にする方法
  1. パーティーを3人以下にした状態で、「ゼルナム族の巣を叩く」イベントを始めると一時的に加入する。
  2. アビスゲートを4つ閉じ、黄京突入イベントを発生させる。その後、玄城の酒場にいるヤンファンとの会話で「仲間にする」「それでもいい」を選択すると正式加入する。

ヤンファンの居場所は分かりずらいが、右の壁(長テーブルの右手)に2階に続く通路がある。

≫仲間一覧に戻る

≫ロマサガ3攻略トップページに戻る

 

このゲーム面白いので、ちょっと紹介です
皆さん「放置少女」ってプレイしたことありますか?

TVCMもバンバン放送されていたので、実は僕も気になっていました。

2年ほどプレイしているのですが、いまだに面白くて続けています。

ちょっとエッチな美少女がたくさん登場するし、ぬるぬる動くキャラにうっとり。

こんな美少女が、ログインボーナスで手に入ります↓


男性の方は、一度はプレイした方が良いと思う。

無料ですし、欲求満たせるのでオススメ。

詳しい内容を記事にしたので、僕と同じように気になっている方はこちらからどうぞ↓
ABOUT US
KEN
『kenblog』の管理人。現役のゲームライター。 僕のブログでは「テリーのワンダーランドレトロ」を攻略。現役ライターが教える「ゲームブログの始め方」も紹介。"ゲームを仕事に稼ぎたい"と考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 また、「ココナラ」や「ランサーズ」でも「kenblog」の名でwebライターとして活動中。トータル「300件以上の販売実績」のある筆者が、スマホゲーム紹介記事をお届けしています。