筆者一押しのスマホゲーム!(ココをタップで表示!)

【ロマサガ3リマスター】ゆきだるまの性能・評価【おすすめの武器・術・仲間にする方法を解説】

【ロマサガ3リマスター】ゆきだるまの性能・評価【おすすめの武器・術・仲間にする方法を解説】

ゆきだるまの性能・評価【おすすめの武器・術・仲間にする方法を解説】

ゆきだるまの性能

ゆきだるまの初期能力

LP腕力器用早さ体力魔力意志魅力
81117824142318
剣・大剣斧・棍棒槍・小剣体術
00005
玄武術
15

「永久氷晶」を装備している

ゆきだるまは、固定装備に「永久氷晶」を装備している(取り外し不可)。

これにより、熱・冷気属性の攻撃とスタンを無効化することが出来る。

また、玄武地相でのHPの自動回復効果もある。

蒼龍術・朱鳥術・白虎術は習得不可

ゆきだるまは、玄武術の使い手なので、蒼龍術・朱鳥術・白虎術は習得できない

しかし、太陽術、月術は習得可能だ。

ゆきだるまの評価:熱と冷気を無効にする!

ゆきだるまの能力は体力と意志力が非常に高く、他はかなり低めの数値となっているのが特徴だ

しかし、能力の低さを補って余るほど有用な性能を持っている。

それが、「永久氷晶」による熱、冷気耐性だ!

基本的に敵の熱と冷気による攻撃は受け付けない。

即死級の威力を持つ「火炎(全体)」「冷気(全体)」「高温ガス(全体)」といった技を使用してくる敵に対して有利に戦えるのが魅力。

また、体力が高いので、地相回復量やアクセサリーによる自然回復量が多めなのも特徴だ。

閃き適正は、全ての体術に閃き適正があるタイプだが、最初から術を覚えてしまっているので、閃き難易度の高い技は覚えずらい。

おすすめの武器

ゆきだるまにオススメの武器は、分身技の使える武器である「剣」「斧」「槍」辺りがオススメ。

腕力が低すぎるので、腕力に依存しない分身技を活用していこう。

分身技は他のキャラで極意化してから使わせると良い。

覚えやすい剣技の「分身剣」が使いやすいだろう。

おすすめの術

ゆきだるまは仕様上、玄武術を使っていくことになる。

魔力は低いので、「ウォーターポール」でのサポートや、「生命の水」での回復をメインに使用していく。

また、「クイックタイム」も使えるので、クイックタイムを交互に連発する際の候補の一人になる。

サブ術には「シャドウサーバント」が使える月術がオススメ。

ゆきだるま運用のポイント

ゆきだるまは、熱と冷気に完全な耐性を持っているので、これらの属性の攻撃を使ってくる「ドラゴンルーラー」や四魔貴族戦で大活躍する

陣形を「鳳天舞の陣」にして、あえて敵の攻撃を惹きつけるのもありだろう。

惹きつける場合は盾やガーダーを装備させたり、「ウォーターポール」を使用すること。

また、敵の攻撃を引きつける場合、LPはそんなに高くはないので常に注意しておこう。

さらに、ゆきだるまは体力が高いので「王家の指輪」や「トロールストーン」、地相変化での自然回復量も多く使い勝手が良いので覚えておこう。

攻撃面では、ダメージに関わるパラメーターが低いので、必ず分身技を使用すること。

仲間にする方法

ゆきだるまの居場所は雪の町。

仲間にする方法はいくつかの手順を踏む必要がある↓

ゆきだるまを仲間にする方法
  1. ウォードの依頼「氷湖のモンスターを倒す」をクリアする。
  2. 主人公のHPが350以上の時に、ランスのアンナにオーロラについて尋ねる。(「今夜あたり出そうね」と言われればOK)
  3. ワールドマップで「全体マップ」を開き、ゲームを2分ほど放置するとオーロラが出現する。
  4. オーロラの道から「雪の町」に行く。
  5. 氷銀河で「永久氷晶」を手に入れ、ゆきだるまに渡せば、雪の町の外に連れ出すことが出来る。

 

このゲーム面白いので、ちょっと紹介です
皆さん「放置少女」ってプレイしたことありますか?

TVCMもバンバン放送されていたので、実は僕も気になっていました。

2年ほどプレイしているのですが、いまだに面白くて続けています。

ちょっとエッチな美少女がたくさん登場するし、ぬるぬる動くキャラにうっとり。

こんな美少女が、ログインボーナスで手に入ります↓


男性の方は、一度はプレイした方が良いと思う。

無料ですし、欲求満たせるのでオススメ。

詳しい内容を記事にしたので、僕と同じように気になっている方はこちらからどうぞ↓
ABOUT US
KEN
『kenblog』の管理人。現役のゲームライター。 僕のブログでは「テリーのワンダーランドレトロ」を攻略。現役ライターが教える「ゲームブログの始め方」も紹介。"ゲームを仕事に稼ぎたい"と考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 また、「ココナラ」や「ランサーズ」でも「kenblog」の名でwebライターとして活動中。トータル「300件以上の販売実績」のある筆者が、スマホゲーム紹介記事をお届けしています。