筆者一押しのスマホゲーム!(ココをタップで表示!)

【ロマサガ3リマスター】ようせい(妖精)の性能・評価【おすすめの武器・術・仲間にする方法を解説】

【ロマサガ3リマスター】ようせい(妖精)の性能・評価【おすすめの武器・術・仲間にする方法を解説】

ようせい(妖精)の性能・評価【おすすめの武器・術・仲間にする方法を解説】

ようせい(妖精)の性能

ようせい(妖精)の初期能力

HPLPWPJP
1407600
腕力器用素早さ体力魔力意志魅力
21222510121120
剣・大剣斧・棍棒槍・小剣体術
1001480

固定装備「フラワースカーフ」に注意!

ようせい(妖精)は、固定装備で「フラワースカーフ」を装備している。

フラワースカーフは浮遊状態となるため、地震やスタン攻撃が無効となり、蒼龍地相でHPが自動回復するといった利点があるが、「烈風剣」などの技が浮遊状態に特攻(ダメージ増)となるので注意しよう

また、取り外しが効かないうえ、服の枠を占領しているので、ほかの服を装備できないという欠点がある。

浮遊状態に特攻の技:烈風剣、エアスラッシュ、トルネード、太陽風

ようせい(妖精)の評価:全キャラトップクラスの素早さ!

ようせい(妖精)の特徴としては、全キャラトップクラスの素早さが挙がる。

素早さは25と、カタリナの次に素早い。

さらに腕力は21もあるので、腕力・素早さにダメージが依存する「体術」との相性がバツグンだ!

武器攻撃が得意なアタッカーとしての性能を持っているので、パーティーのダメージソースとなること間違い無し!

また、全ての槍技の閃き適正を持っている。

しかし高い能力を持ってはいるが、弱点も多いぞ。

例えば、LPが低いので長期戦に向いていなかったり、性別のないキャラとしての扱いなので性別問わず敵の魅了が効いてしまう点。

さらに固定装備「フラワースカーフ」による弱点も存在するので注意しよう。(上記「固定装備「フラワースカーフ」に注意!」で解説あり)

おすすめの武器

ようせい(妖精)にオススメの武器は「槍」と「体術」だ。

槍は雑魚戦で使用するのがオススメで、「大車輪」を覚えれば先制で雑魚敵を一掃できる。

ボス戦では体術「龍神烈火拳」や「タイガーブレイク」で大ダメージを狙うことが出来るので、槍と体術を使い分けると良いだろう。

体術技を使わせる場合は、他のキャラで体術の極意化が必要。 エレン辺りで覚えさせるのが吉。

おすすめの術

ようせい(妖精)は魔力が低いので攻撃系の術は苦手だが、高い素早さを活し、敵よりも早くサポート術を使用できる強みがある。

オススメの術は朱鳥術。

先制で「フェザーシール」や「リヴァイヴァ」をかけることが出来るので、強敵相手でも安全に戦えるだろう。

また、もともと高い火力をさらにアップできる月術の「シャドウサーバント」も強力だ!

もちろん、術を覚えさえないで運用しても良い。

ようせい(妖精)運用のポイント

ようせい(妖精)を使用するうえで重要なことは、弱点の克服。

まずは「ワンダーバンクル」を装備させて「烈風剣」対策を行おう。

また、持ち前の素早さを活かせるよう、装備は軽くて防御値の高いものがオススメ。

さらに、素早さと攻撃力の上がる陣形「スペキュレイション」の先頭に立たせるなど、工夫してみよう。

LPが低いので、戦闘不能後の追撃に注意。倒されたら直ぐに回復できるように事前に準備しておくこと。

仲間にする方法

ようせい(妖精)を仲間にする方法は下記手順を踏む必要がある。

ようせい(妖精)を仲間にす方法
  1. グーレート・フェイク・ショーで妖精で逃がす。
  2. 火術要塞の入り口まで行く。
  3. 妖精の村で「ようせい(妖精)」に話しかける。

 

このゲーム面白いので、ちょっと紹介です
皆さん「放置少女」ってプレイしたことありますか?

TVCMもバンバン放送されていたので、実は僕も気になっていました。

2年ほどプレイしているのですが、いまだに面白くて続けています。

ちょっとエッチな美少女がたくさん登場するし、ぬるぬる動くキャラにうっとり。

こんな美少女が、ログインボーナスで手に入ります↓


男性の方は、一度はプレイした方が良いと思う。

無料ですし、欲求満たせるのでオススメ。

詳しい内容を記事にしたので、僕と同じように気になっている方はこちらからどうぞ↓
ABOUT US
KEN
『kenblog』の管理人。現役のゲームライター。 僕のブログでは「テリーのワンダーランドレトロ」を攻略。現役ライターが教える「ゲームブログの始め方」も紹介。"ゲームを仕事に稼ぎたい"と考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 また、「ココナラ」や「ランサーズ」でも「kenblog」の名でwebライターとして活動中。トータル「300件以上の販売実績」のある筆者が、スマホゲーム紹介記事をお届けしています。