>>世界一簡単なWordPressブログの作り方<<

プラグイン『WP Fastest Cache』の設定方法|WordPress

 

こんにちは!KEN(@KEN_kenblog)です!

 

今回はWordPressのプラグイン『WP Fastest Cache』の設定方法を解説します。

本記事の設定はWordPressを高速化することを目的とした設定方法となります。

補足:

僕は経験したことはないのですが、使用中のテーマと相性が悪く不具合が起きたなどの報告があります。

なので『WP Fastest Cache』を導入する前にWordPressのバックアップを取るようにして下さい。

本記事の内容

本記事の内容↓

・『WP Fastest Cache』を使用する目的

・『WP Fastest Cache』の導入方法

・『WP Fastest Cache』の設定方法【WordPressの高速化設定】

『WP Fastest Cache』を使用する目的

『WP Fastest Cache』を使用する目的

『WP Fastest Cache』を使用する目的は、キャッシュという仕組みを利用することでWordPressを高速化するために使用します。

キャッシュとは?

そもそも、WordPressで作成したサイト画像を表示するためには、データをサーバーからいちいち読み込んでいるんですよね。

キャッシュという機能を使用することで、前回読み込んだ時のデータを保存することができます。

保存したデータを使用することで、サーバーからの読み込みをなくしサイトを表示させるまでの時間を短縮することが可能となります。

つまり、『WP Fastest Cache』のプラグインを導入し、「キャッシュ」の機能を利用し、サイトスピードを上げることが本記事の目的となります。

『WP Fastest Cache』の導入方法

『WP Fastest Cache』の導入方法は非常に簡単です。

WordPressの左サイドバーから「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

「プラグイン」→「新規追加」をクリック

検索窓に【WP Fastest Cache】と入力し検索します。

『WP Fastest Cache』が表示される

『WP Fastest Cache』が表示されるので、「今すぐインストール」をクリックしインストール。

さらにその場で「有効化」。

これで導入可能です。

『WP Fastest Cache』の設定方法【WordPressの高速化設定】

こちらでは、『WP Fastest Cache』の設定方法を解説していきます。

先ずWordPressの左サイドバーから『WP Fastest Cache』をクリック。

『WP Fastest Cache』をクリック

「WP Fastest Cacheの設定」の画面が表示されますね。

こちらを設定していきます。

といっても、設定方法はチェックを入れれるところを全てチェックするだけとなります。

設定方法

下記で紹介する項目に全てチェックを入れて下さい。

WP Fastest Cacheの設定

・キャッシュ

・先読み

・ログインユーザー

・モバイル

・新規投稿

・Update post

・HTMLの圧縮

・CSSの圧縮

・CSSの結合

・JSの結合

・Gzip圧縮

・ブラウザキャッシュ

・Disable Emojis

上記全てにチェック

言語は「日本語」でOKです。

最後に「変更を保存」をクリックします。

「変更を保存」をクリック

これで設定はおしまいです。

簡単ですね(。-`ω-)

まとめ

最後に注意点ですが、『WP Fastest Cache』を導入した後に、サイトのデザインなどを変更した場合は必ず変更後にキャッシュの削除を実行して下さい

キャッシュが残っているとデザインを変更しても反映されませんので。

キャッシュの削除方法下記画像を参考にして下さい↓

キャッシュの削除方法

以上で説明はおしまいです。

まったねー(´・ω・`)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

KEN
レトロゲームが大好物な34歳。ゲーム攻略ブログ「kenblog」の管理人。 僕のブログでは【初心者でもクリアできる】をモットーに『テリーのワンダーランドRETRO』や『ロマサガ3リマスター』などの攻略記事を紹介しています。世界一簡単なゲームブログの始め方も書いています。ゲームブログを始めようと考えている方はぜひ参考にして下さい。