>>世界一簡単なWordPressブログの作り方<<

人間関係や仕事のストレスから解き放たれる方法【全て自責にする】

 

こんにちは!KENです。

 

毎日ストレスを抱えている人→「仕事の人間関係や通勤電車とか毎日ストレスがやばすぎる…。ストレスがなくなる方法とかあれば知りたい」

そんな悩みに答えます。

 

結論から言うと、ストレスから解放されることは可能です。

理由は、ストレスの原因は自分が作りだしているからです。つまり自分が変われば良いということ。

 

上記を深堀します。

 

本記事の内容↓

・ストレスの原因を理解する。

・自責にすることでストレスは無くなる。

・【注意】間違った自責は自らを滅ぼす。

・余談:ストレスを排除した僕の体験談

人間関係や仕事のストレスから解き放たれる方法

これを書いている僕は仕事や人間関係のストレスは全くありません

何故なら、ストレスを抱える原因は自分にあると理解しているからです。

 

先ずはストレスを感じてしまう原因を知りましょう。

ストレスの原因は自分にある

例えばですが「毎日上司に怒られるのがストレス」や「部下が人の話を聞かないからストレスが溜まる」といった経験ありますよね。

 

ストレスを抱える原因は何だか考えたことはありますか?

たぶん大半の人は、「いや上司がうざい…」とか「部下が無能だから…」と他者のせいにしていますよね?

 

ストレスを抱える原因は他者にあるように感じますが実際は違います。

原因は「上司や部下を自分でコントロールできないからストレスになる」んですよ。

コントロールできないからストレスになる

何をやっても怒る上司の感情をあなたはコントロールできませんよね?

何度言っても変わらない部下の行動もコントロールできませんから、自分がやった方が早いと思ったことありませんか?

 

例えば満員電車も同じです。満員でストレスを抱えますが自分ではコントロール不可能です。

人間は自分でコントロールできないものに対してストレスを抱えるんです。

これが答え。

ストレスから解放されるには自分をコントロールすること

結論ですが、ストレスから解放されたいなら唯一コントロール可能な自分を操作することです。

自分の行動を変えるとストレスは無くなる

極論ですが、毎日怒る上司や、言うことを聞かない部下が嫌なら会社を辞めればストレスは無くなると思いませんか?

満員電車が嫌なら乗らなけれ良いだけの話です。これでストレスは無くなります。

 

「いや、それは極論すぎでは?」と思う人がいるかもですが、ここで言いたいことは「自分のことは自分でコントロールできますよね?」と言うことです。

 

コントロールできない他者にを変えることは出来ませんが、自分なら今すぐにでも変わることができます

ストレスから解放される方法は自分が変わる。これしかありません。

全て自責にすることで問題が解決しストレスは消える

では、

今の会社を選んだのは誰でしょうか?→あなたです。

満員電車に乗ったのは誰ですか?→あなたですよね。

大抵の人は自分で決めたことに対して文句を言い、問題解決していないのでストレスを抱えます

そして大半が自分で変えようともしません。

 

では、自分が原因だから変わろうと考え方を自責にチェンジします。

今の会社だとストレスが溜まる→会社を選んだのは自分。そして会社を変えられるのも自分なんだから転職しよう。

満員電車が嫌だ→満員電車を乗らなければいけない会社を選んだのは自分だ。次は職場の近くに住もう。

こういった自責の思考になるとストレスは消えます。何故なら原因は自分にあると理解したことで問題が解決するから

自ら行動すればいくらでも現状は改善できます。

 

✔「そりゃ会社を辞めれば解決するけど…生活だってあるし…」

こう言った反論があると思います。

少しきつめな言葉になりますが、じゃあ一生ストレスを抱えて「毎日嫌だ、嫌だ」と言って生きていく選択をしますか?

それが良いのなら自分で決めたことですし「しょうがない」ですよね。

 

しかし、ここで忘れてはいけないことが一つあります。

自己変化の選択権は常にあなたにあると言うことです。

全て自責にし問題解決型の人間になればストレスは消える

自責思考で「これは自分が原因だ。こうすれば解決する」といった感じで物事に決定を下せるようになると問題解決型の人間になれます。

さらに、問題が解決されるのでストレスを抱えなくなります

 

上記でもお伝えしましたがストレスを抱えてしまうのは、自分でコントロールできないものに対して悶々と悩むからです。

悩み続け問題が解決しないからストレスになる。

 

しかし、問題解決型の人間になれば問題を解決してしまうので悩むことは圧倒的に少なくなります

自分から考え方や行動を変えることがストレスに打ち勝つ近道です。

【注意】間違った自責は自らを滅ぼす

ここで一点注意ですが、自分が原因ではないことに対して自責の念を持つことはやめましょう

 

例えば明らかに自分が原因ではない失敗を自分のせいにすることです。

それは、自責にしても解決できません。

 

全て自分のせいと思いつめて自己崩壊しないように、何が自分のせいなのか見分けがつくようにしましょう。

 

例えば見覚えのない失敗を人に擦り付けてくる上司がいるとします。

「見覚えのない失敗」これは自分が原因ではありませんし、自分では解決不可能です。

しかし、それを擦り付けてくる上司がいる会社を選んだのは自分が原因ですし、会社は自分で変えることができます。

 

こう言った感じで、「自分で変えられるもの」「自分では変えられないもの」に分けると分かりやすいですね。

余談:僕の経験談

ちなみに、これを書いている僕はこんなストレスを抱えていました。

✔僕が抱えていたストレス

・会社に行きたくない。

・満員電車が嫌い。

・他人と関わるのが面倒。

上記は僕が抱えていたストレスですが、問題解決型の人間になったことで解決したものでもあります。

 

2019年の2月に行きたくない会社は辞めました。株とブログで生活できるように行動しましたから。

そして今は株とブログだけで生活しています。なので通勤していないので満員電車も乗らない生活をしています。

 

さらに、他人と関り合いたくないので引きこもりしています。

なので上記のストレスは全く無いです。

今後も自責思考で自分をコントロールしていく

今はストレスらしいストレスは抱えてはいませんが完璧ではありません。

なので今後も自分をコントロールしてストレスを根絶します

 

✔今後減らしたいストレス

・お金→気にしなくても生活できるように固定費を減らし株とブログで稼ぐ

・花粉→花粉の時期は花粉のない地域(北海道や海外)に移動する

個人的に幸せとは人生から無駄なストレスを排除することだと思う

自己成長におけるストレスは必要と思いますが、無駄なストレスを排除すると割と幸せに近づくのかな?と思います。

 

好きな人の愚痴を聞くのはまだ良いですが、他人の愚痴とか本当に無駄ですね。ストレスでしかない。

たまに飲みに行ったりして仕事の愚痴話とかになったりすると「失敗したな。次からはこのメンバーは避けよう」と自分から変化するようにしています。

 

今後も自分変化を繰り返しながら、徐々に日常からストレスを排除するようします。

まとめ

結論に戻りますが、ストレスから解放されることは可能です。

理由は、原因は自分が作りだしているからです。つまり自分が変われば良いということ

 

説明はこれにておしまいです。

この記事が誰かの役に立てれば幸いです。