>>世界一簡単なWordPressブログの作り方<<

初心者向けSEO対策の手順【WordPress】

 

こんにちは!KEN(@KEN_kenblog)です!

 

一年ほどSEO対策を施したら、検索1位を量産しました

 

 

現在の月間PVは24万PV。(2020/4/1現在)

僕が行ったSEO対策は非常にシンプルなものなので、ブログ初心者の方はぜひ真似してみて下さい。

 

✔更新情報(2020年5月11日)

当サイトは現在も伸び続けています。

※本記事はWordPressの使用を前提に解説していきますのでご了承下さい。

 

【ゲームブログ】初心者向けSEO対策の手順【WordPress】:本記事の内容

本記事の内容↓

  • SEO対策とは?
  • WordPressのSEO対策【プラグインで対策する】
  • 記事内のSEO対策

SEO対策とは?

 

SEOとは検索エンジン最適化のことです。

 

SEO対策をするとどうなるのか?と言うと、

Googleに評価されやすくなり記事の検索順位が上がります。

 

『WordPress』のSEO対策

ワードプレス(WordPress)のSEO対策

 

先ずはWordPress内のSEO対策から始めましょう。

 

プラグイン「All in One SEO Pack」の設定

 

こちらのプラグインは主にメタキーワードとメタディスクリプションを書くために使用します。

 

こちらをご覧ください↓

WordPress を使うなら、初心者にとって必須と言えるプラグインがいくつかある。その中でも、All in One SEO Pack は非常に重要度が高い。

なぜなら、このプラグインは、WordPress の集客を成功させるために欠かすことのできない

  • SEO のメタ要素の設定
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げる OGP の設定
  • クローラーの巡回を促す XML Sitemap の設定

という3つの設定を一挙に担っているからだ。

引用元:バズ部「All in One SEO Pack の設定方法と使い方」

というわけで、まずはSEO対策用のプラグインを導入しましょう。

とりあえず「All in One SEO Pack」をインストールして有効化しておきます。

 

僕が参考にしたサイトは「バズ部」です。

「バズ部」は専門家のSEO対策記事が、がっつり紹介されているのでおすすめ。

 

プラグインを有効化したら設定を行います。

「All in One SEO Pack」の設定についてはこちら「バズ部」の記事を読んで頂ければ分かります。
>>
バズ部|All in One SEO Pack の設定方法と使い方

 

補足:

「All in One SEO Pack」が非推奨のブログテーマもあります。

有名なテーマですと「賢威」や「JIN」ですね。これらはSEO対策済みなので「All in One SEO Pack」は使用しないようにしましょう。

 

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定とサイトマップ送信

 

引き続きプラグインの設定をしましょう。「Google XML Sitemaps」の設定です。

 

「Google XML Sitemaps」について「バズ部」ではこう言っています↓

あなたのコンテンツをしっかり検索エンジンに認識してもらうためには、サイトマップは必須である。だが、記事の公開や更新に合わせて毎回、このサイトマップを手動で編集してアップロードするのは非常に手間だ。

そこで、Google XML Sitemaps というプラグインを使うと、

  • 記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成する
  • サイトマップが生成されたら自動で検索エンジンに通知する
  • 検索エンジンに認識してほしいページを指定できる
  • 記述内容はGoogleの推奨する内容に沿っている

といったメリットが受けられる。

引用元:バズ部「Google XML Sitemapsの設定方法」

こちらのプラグインもSEO的に重要ということなので、インストール後に有効化しましょう。

 

こちらも「バズ部」を参考に設定です。

「Google XML Sitemaps」の設定の仕方はこちらから>>バズ部|Google XML Sitemapsの設定方法

 

設定後Googleサーチコンソールにサイトマップを送信

Google XML Sitemaps」の設定が終了したら、Googleサーチコンソールにサイトマップを送信します。

  • /feed
  • /sitemap.xml.gz
  • /sitemap.xml

上記の3点を送信。

 

更新情報(2020年5月11日):「All in On SEO Pack」だけでOK

 

現在はXML sitemapが無くても「All in One SEO Pack」だけでサイトマップの作成が可能です。

むしろ「All in One SEO Pack」と「Google XML Sitemaps」を同時に使用すると警告が出る可能性あり。(僕は警告文が表示されました)

その場合は「Google XML Sitemaps」は使用しなくて大丈夫です。

 

※「JIN」や「賢威」などのテーマを使用している方は「All in One SEO Pack」が非推奨なので「Google XML Sitemaps」を使用してサイトマップを送信しましょう。

 

記事を書く時のSEO対策の仕方(SEOライティング)

記事を書く時のSEO対策の仕方

 

こちらでは記事を書く際に気をつけるべきSEO対策を紹介します。

 

記事タイトルにキーワードを入れる:「Related Keywords」を使おう

 

Googleで検索すると、記事のタイトルに含まれるキーワードが引っかかることで検索されます。

つまり、タイトルに含まれるキーワードは読者が良く調べるであろうキーワードを使う必要があります

 

先ずは「自分で調べる(検索する)時」のことを想定してキーワードを決めています。

例えば、「ドラクエ」の攻略を調べたい場合。

・「ドラクエ、攻略」

・「ドラクエ、攻略、ボス」

・「ドラクエ、攻略、武器 」など。

こんな感じで「自分なら何て調べるだろう?」と軽く絞り込んでいきます。

 

次にRelated Keywordsを使用して現在の検索トレンドを調べます。

こちらのサイトの検索バーに調べたいキーワードを打ち込むと、現在検索されているトレンドワードが表示されます。

例えば、「ドラクエ,攻略」で打ち込むと

・ドラクエ,攻略,サイト

・ドラクエ,攻略,ラスボス

・ドラクエ,攻略,最強武器 などが表示されます。

 

太字の部分はGoogleの予測で表示されるものです。

この太字が現在検索されているトレンドワード。逆に需要が無いワードは予測表示されません。

検索需要が無いキーワードは書いても検索されないので避けましょう。

こんな感じでツールを使用してタイトルに使うキーワードを絞り込みます。

 

3語くらいを狙うと検索に引っかかりやすいと思います。

例えばドラクエ,攻略,ラスボスの3語を使用するなら

・【ドラクエ完全攻略ラスボスの場所から倒し方まで解説

こんな感じでキーワードを含ませつつタイトルを作成します。

 

こうすることで、ドラクエ,攻略,ラスボスで検索に引っかかるようになります。

タイトル作成の際にツールを上手く利用しましょう。>>Related Keywords

 

タイトルは32文字以内:キーワードはタイトルの前方に配置

 

先にバズ部の抜粋をご覧ください↓

以前まではタイトルに含むキーワードは文頭の近ければ近いほど効果的だった。しかし、ここ最近は文頭にあるかどうかは、ほぼSEOに影響を与えないようになってきている。 しかしGoogleの検索結果に表示されるタイトルの文字数は32文字前後なので、その32文字が終わるまでにはキーワードを入れるようにしよう。

タイトルが長すぎて、キーワードが32文字目以降に含んでいる場合は、現状明らかにパフォーマンスが落ちる。

引用元:バズ部「タイトルタグのSEO効果と読まれるタイトルの書き方」

文字数はGoogleの検索結果にぎり表示される32文字以内にした方が良いです。そしてその32文字内にキーワードを含ませること。

 

32文字以上だとタイトルが全て表示されません。

キーワードは文頭じゃなくてもSEOにはほぼ影響を与えないとのことですが、僕は一応文頭に配置するようにしています。

 

見出しにキーワードを入れる

文中の見出し(これ↑)にもキーワードを入れます。

 

理由がこちらです↓

見出しタグの効果は、ユーザーだけに留まらない。検索エンジンロボットに対しても同じように、そのコンテンツの構造を正確に伝える効果がある。

そのため、そのコンテンツのインデックスがより適切に行われるようになる。

このように、サイトのコンテンツを作るのであれば、ユーザービリティの面から見ても、SEOの面から見ても、見出しタグの使用は必要不可欠と言える。

引用元:バズ部「見出しタグの使い方と絶対に知っておくべき注意点」

例えば「ドラクエ,攻略,ラスボス」の検索ワードをタイトルに入れたのなら、見出しにも「ドラクエ,攻略,ラスボス」のワードを入れること。

 

しかし、全ての見出しにキーワードを過剰に入れ過ぎるとGoogleからペナルティーを受けるので気を付けましょう。

 

最適な方法としては、記事タイトルをそのままh2タグに入れるというもの。

本記事のh2タグを見て頂ければわかるのですが、本記事の内容という見出しにタイトルがそのまま入っています。

見出しに入れるキーワードはこれだけでOK。

 

上記のSEO対策を全て試した結果は…

 

結論ですね。

冒頭でもお伝えしましたが「テリーのワンダーランドレトロ○○」で検索順位1位を量産しました。

 

試しに「テリーのワンダーランドレトロ 攻略」と検索して頂ければ分かると思いますが僕のサイトが検索上位に表示されます。

多くの読者に読まれることが検索順位を大きく上げることに繋がりますが、本記事でお伝えした小さなSEO対策があってのこと。

簡単な作業なのでぜひ行いましょう。

 

まとめ

まとめ

 

まとめるとこうなります↓

【SEO対策・やるべきこと】

 

◎プラグインでSEO対策(Wordpress)

・プラグイン「All in One SEO Pack」の設定。メタキーワードとメタディスクリプションを書けるようにする。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定・サイトマップを送信。【※現在は「All in One SEO Pack」のサイトマップ機能を使用しています。「Google XML Sitemaps」は停止しました】

 

◎記事を書く時のSEO対策

・記事のタイトル付けは「Related Keywords」を使用。

・タイトルは32文字以内、キーワードはなるべくタイトルの前方に配置。

・見出しにキーワードを入れる。

 

以上で説明はおしまいです。

基本のSEO対策でした(‘ω’)ノ

 

がっつりSEO対策したい方向けの記事はこちらに用意しました。こちらの記事に書いてあるSEO対策までできるようになれば完璧です。
>>ゲームブログのSEO対策方法をまとめたよ【7選・保存版】