>>世界一簡単なWordPressブログの作り方<<

【評判・レビュー】WordPressテーマ『STORK19(ストーク19)』を使用した結果

 

こんにちは!KEN(@KEN_kenblog)です!

 

今回は、WordPressテーマ『ストーク19』の使い勝手や、評判・レビューを紹介していきます。

KEN
良い点から悪い点まで包み隠さずお伝えします。(サイトスピードや収益などリアルなデータも公開してます!)

 

WordPressテーマ『STORK19(ストーク19)』とは?

『STORK19(ストーク19)』とは、WordPressのデザインを簡単に変更してくれる有料のテーマです。

製作はストークの他に、スワローやハミングバードなどのテーマも販売している『OPENCAGE』製。

ブロガー向けのテーマ製作の技術に長けた会社の商品で、購入後は無料メールサポートもできるので安心です。

WordPressテーマ「STORK19」

ストーク19
  • ブロガーのために作られたWordPressテーマ
  • 料金は1,1000円(落とし切りなので追加費用の発生はありません)
  • 購入方法:クレジットカード・Peypal
  • 対応バージョン:WordPress5.2以上・PHP7以上
  • 購入後無料メールサポートあり

『STORK19(ストーク19)』の特徴

こちらでは、ストーク19の特徴を紹介します。

シンプルでスタイリッシュなデザイン

特に何もいじらなくても、このブログのようなスタイリッシュでシンプルなデザインにすることができます。

実際、このブログは一切デザインのカスタマイズをしていない状態なんですよ(´ω`*)

KEN
ショートコードを使えば誰にでも簡単に、こんな感じの吹き出しとかも作れちゃいます!

【参考記事】

吹き出しの作り方|WordPressテーマ『STORK19(ストーク19)』

徹底したモバイルファースト

現在ブログはPCよりもモバイルでの検索が圧倒的に多い時代となりました。

80%以上がモバイルの閲覧

実際に僕のブログも80%以上がモバイルの閲覧となっています。

ストーク19はモバイルの表示に徹底されたテーマなので、調整しなくても綺麗に表示されます。

 

✔Googleはモバイルファーストを優先している

総務省によると、日本人のインターネット利用機器の割合が2017年以降、PCよりモバイル端末が上回っているようです。 実はこれ以前から、Googleではモバイルユーザーの増加に対して施策を打っていました。 それがモバイルフレンドリーアップデートです。

モバイルフレンドリーアップデートとは、簡単にいうとモバイルユーザーに見やすいWebサイトであるということもSEO上位表示において重要要素とするということです。 モバイルユーザーの増加に伴って、大きな画面のPCだけでなく、小さな画面のスマートフォンでもユーザーが見やすく、快適にサイトを回遊できるようにしようという考え方です。

(引用元:モバイルフレンドリー対応とは。モバイルファーストインデックスはもはや当たり前?|PLAN-B)

上記の通りでして、現在のGoogleの検索エンジンは、モバイルに最適化されたサイトページを優先的に表示しています。

つまり、モバイル表示の最適化されたストーク19を使用しているだけでSEOに有利となれるのです。

サイトスピードの高速化

ストーク19は旧ストークからバージョンアップした際に、サイトスピードの高速化設定が可能になりました。

サイトスピードはSEO(Googleの検索上位表示)に必要な要素です。

仮に全く同じ内容の記事をアップしたとします。Googleは優越をつける判断として、サイトスピードを評価基準としているので、スピードが速いサイトの方が優先して表示されるのです。

設定方法はこちらにご用意しました↓

サイトスピード高速化設定【プラグインなし】|WordPressテーマ『STORK19(ストーク19)』

『STORK19(ストーク19)』を導入した結果

ストーク19を導入したリアルな結果をご紹介します。

僕のブログ結果

僕はストークは、旧ストーク(前のバージョン)から愛用していまして、愛用歴は1年と5か月です。

途中ストーク19にバージョンアップを施しました。

サイトスピードが超速になった

ストーク19にバージョンアップしてから、僕のブログが1秒以内に表示されるくらい早くなりました。

Googleのスピード計測ツール(PageSpeed Insights)で計測した結果がこちらです↓

モバイルで96点、PCでなんと100点の評価を叩き出しました!

Googleのサイト評価は『高速』です。

検索1位表示を量産

 

上記のツイートは2020年3月21日時点のツイートです。

現在は117個の検索1位を獲得しており、トップ10入りも含めると298個のキーワードで上位表示できるようになりました。

ここまで成果が出た理由は、テーマによるモバイルファースト化やサイトスピードの高速化が影響していると考えられます。

ブログ収益も出始めました

検索1位を量産したことにより、閲覧数が増えブログ収益も出始めました

結論

ストーク19を導入した結論ですが、

KEN
大満足です。

検索上位も量産できましたし、収益も発生したので満足以外の言葉が見つかりませんよね(笑)

悪い点も紹介します

もちろん良いことばかりではなく、悪い点もあるので紹介します。

ストーク19のデメリットとは?

デメリットは3点ほど。

  1. ショートコードが少なめ。
  2. 1購入につき1サイトにしか使えない。
  3. SEO対策にプラグインが必要

①ショートコードが少なめ

他の有料テーマよりもショートコードが少なめです。

例えばレビュー用に使える「☆☆☆★★」(星スコア評価)みたいなアイコンとかはありません。

こんな感じに表示されるやつですね↓

星スコア

ストークにはないので、ちょっと残念ですが…別に絵文字で表現できるので問題なしです(。-`ω-)

 

✔アイコンを使用して収益化したい方向けのテーマ

アイコンを多用して収益化を効率的に行いたい方は有料テーマ「ザ・トール」が良いかもしれません。

100を超える魅力的なアイコンが揃っていますし、SEOも強力で便利なテーマです。

『ザ・トール』を見てみる≫【THE THOR(ザ・トール)】

魅力的なアイコン

②1購入につき1サイトにしか使えない

ストーク19は1購入につき、1サイトにしか使えません

有料テーマ「JIN」とかなら、1購入で複数サイトに使用できます。

複数サイトを運営したいという方にはおすすめできないテーマです。

③SEO対策にプラグインが必要

ストーク19単体ではSEO対策に有効な、メタディスクリプションやメタキーワードを書き込むことが出来ません

書き込むためには『All in One SEO Pack』というプラグインが必要なので、インストールする必要があります。

KEN
デメリットを包み隠さず書きました。とはいえ、結果的にストーク19はデメリットを覆すほどの結果を出してくれました。

まとめ

最後にまとめたいと思います。

ストーク19はこんな方に必要なテーマ
  • スタイリッシュなデザインのブログにしたい
  • ブログを上位表示させたい
  • サイトスピードを高速化したい
  • ブログで稼ぎたい

上記の望みを叶えてくれるテーマが欲しければ、『ストーク19』にしてみてはいかがでしょうか?

購入はこちらから≫WordPressテーマ「STORK19」

 

以上で解説はおしまいです。

では、楽しいブログライフを送りましょう!まったねー(´・ω・`) 

 

【まとめ】ストーク19の使い方|WordPressテーマ【STORK19】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください