筆者一押しのスマホゲーム!(ココをタップで表示!)

リンクカードの設置方法【プラグイン無し】|WordPressテーマ【STORK19(ストーク19)】

 

こんにちは!KEN(@KEN_kenblog)です!

 

今回はWordPressテーマ『STORK19(ストーク19)』の機能で利用できる、リンクカードの使い方をご紹介します。

 

本記事の内容

本記事の内容↓

  • 『STORK19(ストーク19)』ならプラグイン無しで設置できる
  • リンクカードの設置方法

『STORK19(ストーク19)』ならプラグイン無しで設置できる

チェック!
三国志や戦国武将が美少女となって登場する放置RPG「放置少女」! 今年4周年となる本作は、TVCMもバンバン放送されている大人気アプリ。 ちょっとエッチな美少女が大勢登場し、ぬるぬる動く演出が大人気の秘密。 まだプレイしていないなら、もったいないよ! 「放置少女」の詳しい内容はこちらから↓
ダウンロードはこちらから↓
放置少女 - 百花繚乱の萌姫たち
放置少女 - 百花繚乱の萌姫たち
開発元:C4 CONNECT K.K.
無料
posted withアプリーチ
『STORK19(ストーク19)』ならプラグイン無しで設置できる

 

ストーク19は、プラグイン無しでリンクカードを設置できる機能が付いています。

 

ちなみにリンクカードとは?

リンクカードとはこんな感じのものを指します↓

ストーク19では、こんな感じの魅力的なカードを記事に挿入することができます。

この枠をクリックすることで他の記事に移動できるわけですね。

 

無料のテーマだと表示するのにプラグインが必要

無料テーマなどは、リンクカードを作成するためには「Pz-LinkCard」などのプラグインが必要です。

プラグインを入れるとサイトが重くなるのですが、ストーク19はプラグインが必要ないので問題なし。

 

リンクカードの設置方法【STORK19】

こちらではストーク19でリンクカードを設置する方法をご紹介します。

設置方法
  1. ストーク19用のショートコードを用意する。
  2. リンク先のIDを用意する。
  3. 記事にショートコードを書き込む。

リンクカード設置の手順

①ストーク19用のショートコードを用意する

先ずは、ショートコードを用意します。

リンクカード用のコードがこちらです↓

[kanren postid="00000"]

こちらのショートコードは後で使うのでを控えておきます。

補足:

プラグイン「Add Quicktag」に登録しておけば、執筆中、好きな時に呼び出せます。

②リンク先のIDを用意する

次に、貼り付けるリンクのIDを用意します。

IDとは、先ほどのショートコード

[kanren postid="00000"]

の、「00000」の部分に記入する数字のこと。

先ず、WordPress左サイドバーから、「投稿」→「投稿一覧」をクリック

リンクしたい記事のタイトルにマウスのカーソルを合わせます。

リンク先のIDを用意する

すると画面下に表示されるURLの数字の部分に注目です。

これが目当てのIDです。この数字をコピペします。

③記事にショートコードを書き込む

最後の手順です。

記事に先ほどのショートコードを貼り付けます。

[kanren postid="00000"]

上記「00000」に先ほど調べたのIDを書き込みます

[kanren postid="10907"]

すると…

はい。出来上がりです。

 

以上で『STORK19(ストーク19)』でリンクカードを設置する説明はおしまいです。

ではでは、まったねー(´・ω・`)

 

 

チェック!
三国志や戦国武将が美少女となって登場する放置RPG「放置少女」! 今年4周年となる本作は、TVCMもバンバン放送されている大人気アプリ。 ちょっとエッチな美少女が大勢登場し、ぬるぬる動く演出が大人気の秘密。 まだプレイしていないなら、もったいないよ! 「放置少女」の詳しい内容はこちらから↓
ダウンロードはこちらから↓
放置少女 - 百花繚乱の萌姫たち
放置少女 - 百花繚乱の萌姫たち
開発元:C4 CONNECT K.K.
無料
posted withアプリーチ
ABOUT US
KEN
『kenblog』の管理人。現役のゲームライター。 僕のブログでは「テリーのワンダーランドレトロ」を攻略。現役ライターが教える「ゲームブログの始め方」も紹介。"ゲームを仕事に稼ぎたい"と考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 また、「ココナラ」や「ランサーズ」でも「kenblog」の名でwebライターとして活動中。トータル「300件以上の販売実績」のある筆者が、スマホゲーム紹介記事をお届けしています。