>>世界一簡単なWordPressブログの作り方<<

40代から飲食業界に転職することは可能です【理由と方法を解説】

 

こんにちは!KENです!

 

40代で転職を考えている方↓

「飲食業なら40代からでも転職が可能と聞いたのですが理由を知りたいです。合わせて40代でも応募可能な求人サイトも教えて欲しい。」

そんな疑問に答えます。

 

結論から言うと、飲食業界は40代からでも転職可能です。

理由は、飲食業界は転職のハードルが低いからです。

 

上記を深堀します。

 

本記事の内容↓

・未経験40代でも飲食業界に転職が可能な理由を解説。

・40代の方に飲食業をすすめる理由。

・40代未経験でも仕事に追い付く方法を解説。

・40代で転職可能な募集が載っている求人サイト紹介【面接・履歴書対策も紹介】


本記事を読みに来た読者は、40代で且つ転職を考えている方が大半ではないでしょうか?

そして、40代でも飲食業界に転職が可能なのか?未経験者でも飲食の仕事に順応していけるのか?そんな不安を持っているかと思います。

本記事ははそんな不安を解消するために、40代で飲食業界に転職する方法から仕事の順応方法まで解説しました。

光り輝く第二の人生を送るために、この記事を最後まで読んで頂けると幸いです。

40代から飲食業界に転職することは可能です【理由と方法を解説】

40代から飲食業界に転職することは可能です【理由と方法を解説】

これを書いている僕は飲食歴14年。内8年間は料理長をやっていました。

さらに、面接官としてのキャリアは5年ほど。

記事タイトルにも書きましたが「40代から飲食業界に転職することは可能です」と言うのは、僕の面接官時代の経験から語っていること。

実際に40代から飲食業を目指した方を採用していた経験があるから言えるということです。

未経験40代でも飲食業界に転職が可能な理由

未経験40代でも飲食業界に転職が可能な理由

未経験で且つ40代の方でも飲食業界に転職が可能な理由には、飲食業界は転職のハードルが低いと言うことが挙げられます。

 

✔飲食業界の転職ハードルが低い理由

①スキルや資格は必要ない。

②飲食業界は人材不足。

②誰にでもできる作業。

上から順に解説します。

 

① スキルや資格は必要ない

飲食業界に転職がしやすい理由として、スキルや資格が必要ないと言うことが挙げられます。

飲食業=調理師免許といったイメージがあるかと思いますが、実際は調理師免許はさほど重要ではありません。

たしかに免許を持っていれば面接で多少有利になりますが、免許=能力でないことは経験者が一番よく知っていること。

面接の際には学ぶ姿勢や意欲の方が重要視されます。

 

飲食業界は人材不足

飲食業界の転職ハードルを低くしている理由の一つに人材不足が挙げられます。

たまに「飲食業界がブラックだから」と言う人がいますが、実際は違っていたりします。

飲食業界が人手不足になる本当の理由は、企業が参入しやすく且つ出店スピードが速いから。お店の数に対してスタッフが追い付いていないというのが現状です。

つまり、飲食業界は今成長しているということでもあります。

 

さらに人材が不足している今、人材確保のために労働環境を見直している会社がほとんどです。僕は14年間業界にいましたが、年々労働環境は良くなっていました。

飲食業はブラックというのは過去の話となりつつあります。

 

✔飲食がブラックと思われる理由

実際にいろんな人に飲食業界のイメージをリサーチしたところ、「帰りが遅い」といった意見が多かったです。

確かに、営業時間を考えると23時閉店といったお店もあり片付け作業も行うと終電帰りになるケースが多くあります。

しかし、帰りは遅くとも労働時間はしっかり8時間だったりするんですよね。

僕が実際に働いていた時は、14時出勤の23時退社でした。労働時間を考えたらブラックとは言えませんよね。

帰りが遅くなり満員電車にもまれて辛いと言う人もいますが、冷静に考えたら「満員電車」が辛いだけなのかもしれませんね。

個人的には保険業など営業職とかの方がブラックに見えますけどね。知り合いは休日にアポが入り休日出勤をしていましたから。

仕事がブラックかどうかは正直なところ、個人の感じ方だと思います。

 

③ 誰にでもできる作業

作業が誰にでもできるといったところが飲食未経験者でも歓迎している大きな理由です。

実際に店舗で行う作業は、学生アルバイトでもできる作業ですから。

そして、社員とアルバイトの作業の違いは大差ないのが現実。

こういった作業の難易度の低さも飲食業界の転職ハードルを下げているポイントと言えるでしょう。

40代の方に飲食業をすすめる理由

40代の方に飲食業をすすめる理由

僕が未経験の40代に飲食業をすすめる理由には、転職のハードルが低いことだけではありません。

・昇進が比較的しやすい。

・店舗には40代が必要とされている。

と、言った理由があります。順に解説します。

 

昇進が比較的しやすい

飲食業界は比較的昇進しやすいです。

例えば、前職で管理職を経験したことがある人は同じ管理職である「店長」になることができるでしょう。

店舗の管理はデータの分析だったりするので、調理スキルは必要なかったりしますから。

管理や教育、データ分析が得意な人なら早期昇進も可能だと思います。

 

店舗には40代が必要とされている

 

実は、飲食業界の低年齢化から現在40代が店舗に必要とされてきています。

どういうことか説明すると、従業員が若者だらけの飲食店は「お客様からすると不安」になるんですよね。

しかし、店舗に40代のスタッフが一人でも居るとお客様の安心に繋がります。

例えば注文した料理が届いてない時に、お客様は若いスタッフよりも大人に相談したくなるもの。これは年配のスタッフには話が通じやすそうなイメージがあるからです。

特に現在の飲食店は外国人労働者も多くなっているので、なおさらお客様は年配のスタッフに要望を伝えたくなります。

こういった事情を背景に飲食店では、40代が店舗に必要といった認識が増えつつあります。

 

未経験でも仕事に追い付く方法

未経験でも仕事に追い付く方法

未経験だと「仕事に順応できるのか不安」といった方も多いことでしょう。

ここでは、未経験者が飲食の仕事に追いつける方法を解説していきます。

✔未経験者が飲食の仕事で追いつく方法

・プライドを捨て年下からでも学ぶ。

・マニュアルや教えられたことは徹底して守る。

上から順に説明します。

 

プライドを捨て年下からでも学ぶ

成長を遅らせるのは「いらないプライド」です。特に年齢を重ねていくと「いらないプライド」を抱きやすくなるので注意しましょう。

たまに「こんな年下に偉そうに言われたくない」と言って辞めていく人がいますが、仕事を身に付けるためには「自分は何も知らない」ということを自覚しなければスタートできません。

仕事は一度覚えてしまえばこっちのもの。どんなに年下からでも謙虚に学び取りましょう。

こういった大人の姿勢でどんと構える方が、年下相手でも良好な関係性を築くことができますし上司の評価も上がります。

年下には大人の器の広さというものを教えてあげましょう。

 

マニュアルや教えられたことは徹底して守る

マニュアルや教えられたことは徹底して守りましょう。非常にシンプルではありますが最速で仕事を身に付ける方法でもあります。

仕事で怒られる人や評価を下げる人の特徴は、教えて貰ったことを教えて貰った通りにやらない人です。

これでは上司の期待を裏切ることに繋がります。

教えられたことを守ることは、職場仲間や上司の信頼を獲得する方法でもあります。

こちらの記事では職場内での信頼の獲得方法を書きました。ぜひ合わせて読んでみて下さい。
>>仕事を最速で身に付ける方法【上司の評価・同僚の信頼を得る】

40代で転職可能な募集が載っている求人サイト紹介

ここでは、40代で転職可能な募集案件を持っている求人サイトを紹介します。

ただ求人サイトを紹介するだけではネットに溢れているしょうもないサイトと同じになってしまうので、本記事では転職に成功すること最優先としたサポートを前提に紹介していきたいと思います。

 

合格確率を上げるために転職エージェントを利用し求人を探す

転職合格に少しでも有利になるために無料の「転職エージェント」を利用します。

理由は転職エージェントが企業との間に入ることで、個人で受けるよりも有利になれるからです。

筆者おすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

 

✔クックビズ

クックビズは飲食専門の転職サイト。飲食専門なだけあり掲載案件の多さがポイント。

プロのアドバイザーと相談することで、40代でも転職可能な求人募集を探してくれます。

非公開求人も多く持っているので、まず見つかることでしょう。

クックビズの詳しい情報はこちら公式からどうぞ。>>飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】

 

✔アイティーケー

こちらも飲食専門の転職サイト。業界求人数No.1。

非公開求人の案件も多く、キャリアアドバイザーのサポートも充実。

希望の求人を探すことができるでしょう。

詳しい情報は公式サイトからどうぞ。>>【アイティーケー】

 

上記おすすめの転職エージェントは公式ページから登録することで利用できます。

登録は5分ほどで終わります。

一つだけ登録するだけでも良いですが、両方登録すれば選べる求人が多くなるので両方登録するのがおすすめです。

とりあえず登録して求人情報を見てみると良いですよ。

 

面接が全てを左右する【攻略法を紹介】

転職エージェントに登録後、応募まで行くことができたら後は面接のみ。

転職の際に一番重要なのは面接です。40代の転職では不利な要素が多いので、合格率を上げるためにこちらで用意した記事に全て目を通してもらいたいです。

特に面接官に働いた後の未来を想像させるテクニックは重要。

・完璧な履歴書を書く方法はこちらの記事から。
>>【飲食転職】志望動機の書き方と例文紹介【未来を想像させるコツ】

・合格率を高めるマストアイテム職務経歴書の書き方はこちら。
>>【飲食転職】合格できる職務経歴書の書き方【後のキャリアも想定】

・面接攻略の手引きはこちらから。ここが最も重要。
>>【飲食転職】面接でよく聞かれる質問と対策【採用のプロが教える】

 

まとめ

まとめ

結論に戻りますが、飲食ならば40代でも転職はできます。そして仕事に順応することは十分可能です。

理由は、飲食は受け入れの幅が広く、且つ未経験歓迎であり資格も必要ないから。

 

✔行動に移すなら「今」

辞めてから転職となるとお金も減っていきますし、面接に失敗すると心の余裕も無くなります。

転職を考えているのなら、働いている「今」行動に移すのがベストと言えるでしょう。

 

説明は以上でおわり。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。