>>世界一簡単なWordPressブログの作り方<<

土日休みの飲食店に転職しよう【お店の探し方・求人サイト紹介】

 

こんにちは!KENです!

 

飲食業界に転職を考えている人↓

「飲食業に転職を考えているのですが、土日に休みが取れる飲食店はあるのでしょうか?合わせてそういったお店で働く方法も教えて欲しい。」

そんな疑問に答えます。

 

結論から言うと、土日休みの飲食店に転職することは可能です。

何故なら、土日に集客の減るビジネス街ならば「土日にあえて休みにしている飲食店が多い」からです。

 

上記を深堀します。

 

本記事の内容↓

・飲食業界でも土日に休むことが可能な理由。

・土日に休みが取りたければ「ビジネス街」で働くことをすすめる。

・土日に休めるお店のメリットを紹介【ここ大事】

・土日休みのお店を探せる求人サイトを紹介。


本記事を読みに来た読者は、プライベートの都合から土日に休みが欲しいという方が大半だと思います。

実はこれを書いている僕も同じ理由で転職を経験したことがあります。

僕は飲食歴14年。妻は土日休みの大手企業で働いています。

今から4年ほど前に、僕はどうしても妻と休みを合わせたく土日休みの飲食企業に転職をすることにしました。

僕は飲食業界の内部事情には詳しいので、ポイントを押さえた求人の探し方をすることで希望通りの転職をすることができました。

今回はその「ポイント」をご紹介したいと思います。

さらに本記事を読めば「土日休みの企業には働きやすくなるメリットがある」ことを理解できると共に、土日休みのお店を探せる求人サイト情報まで手に入れることが可能です。

土日休みの飲食店に転職したい【お店の探し方・求人サイト紹介】

土日休みの飲食店に転職したい【お店の探し方・求人サイト紹介】

飲食業界でも土日に休むことができる理由

飲食業界は基本的に「世間一般の人達が休みの日に仕事になる」ケースが多く、土日に休むことができるのは稀といったイメージがあります。

しかしながら、そんな飲食業界でも土日に休める企業で働くことは十分可能です。

そして、そういった企業で働くためには企業選びがポイントととなってきます。

 

土日に休みたいなら「ビジネス街」で働くこと

土日休みの飲食店で働く方法は「ビジネス街」で働くことです。

何故なら、一般企業は土日に休むことが多くビジネス街の飲食店は土日に集客を見込めなくなるからです。

つまり、ビジネス街は土日に人が居なくなるのでお店を開いていても儲けにならない=休みの飲食店が多いということになります。

実際に僕は、東京の御茶ノ水や赤坂で働いていましたが毎週土日に休みを取ることが可能でした。

逆に、吉祥寺など土日に人が集まるような飲食店では土日に休めたことはありません。

土日に休みが欲しければ「ビジネス街」で働くことを強くすすめます。

 

ではビジネス街というとどんな所のことを指すのでしょうか?

 

土日に休める飲食店が多いビジネス街一覧

・東京駅など人が多く集まる駅周辺

・御茶ノ水、品川、赤坂 など

東京だと上記の様なビジネス街がおすすめです。

実際に働いたことがありますが、土日になるとガクッと人が少なくなるので狙い目です。

 

ビジネス街で土日仕事のお店でも諦めるな

いざ探してみると「ビジネス街でも土日に開いているお店もある」のが事実。

土日定休のお店でなくても諦めてはいけません。

ビジネス街で土日開いているお店だとしても、土日は暇です。

つまり、土日は暇=土日に希望休が通りやすいと言うこと。

ビジネス街の一週間の忙しさを表にしました↓

・月曜日 休日明けなので割と暇(希望休が通りやすい)

・火曜日 忙しさは普通

・水曜日 忙しさは普通

・木曜日 やや忙しい

・金曜日 一番忙しい

・土曜日 かなり暇(希望休が通りやすい)

・日曜日 かなり暇(希望休が通りやすい)

上記の通り。

僕は料理長としてシフトも作成していましたが、ビジネス街の飲食店は月、土、日が最も暇になるのでこの3日間で休みを回すことが多いです。

逆に忙しくなる水、木、金は人員を確保するようにします。

なので、土日が定休じゃないからと言って諦める必要はありません。

 

ビジネス街の飲食店なら年間休日が多い可能性あり

上記の通り暇な曜日が多くなるビジネス街の飲食店ならば、週休2日制といった企業が多いので年間休日が業界のわりに多くなることも。

さらに、月、土、日が暇なので場合によっては3連休を取ることも可能です。

ビジネス街で働いていた僕は、土日は毎週休んでいましたよ。

土日に休める飲食店のメリットを解説

土日に休める飲食店のメリットを解説

土日に休める飲食店のメリットは土日に休めることだけではありません。

肉体労働である飲食業ですが、そのメリットの恩恵をけることで快適に働くことが可能となります。

最大のメリット:肉体疲労が少ない

実は、土日に休みが取れる飲食店は土日に忙しいお店よりも肉体疲労が少なくなります。

忙しさレベルを表で解説します。

土日休みの飲食店が肉体疲労が少なくて済む理由

【一般の飲食店】【土日休みの飲食店】
・月曜日 割と暇・月曜日 割と暇
・火曜日 忙しさは普通・火曜日 忙しさは普通
・水曜日 忙しさは普通・水曜日 忙しさは普通
・木曜日 やや忙しい・木曜日 やや忙しい
・金曜日 一番忙しい・金曜日 一番忙しい
・土曜日 忙しい・休み
・日曜日 忙しい・休み

上記の通り。

もうお分かりだと思いますが、一般の飲食店は忙しい曜日が週に4回もあるのに対し、土日休みの飲食店は忙しい曜日が週に2日しかありません。

これが、最大のメリットと言えるでしょう。

疲労の蓄積が少ないので、充実した休みを満喫できます。

土日休みのデメリットは?

デメリットとして上げらることは、

・休み争奪戦になること。

・土日はどこも混んでいること。

順に解説します。

 

休み争奪戦になる

土日に休みが取れるけど定休ではないお店では、スタッフ同士で休み争奪戦になることも。

みんな土日に休みたいですから、譲り合いになる。ということも覚悟していた方が良いかもしれません。

僕は料理長でシフトを作る立場だったので、自由にシフトを組んでいましたが(笑)

シフトを作る立場(管理職)になってしまうのも一つの手かと。

土日はどこも混んでいる

土日に休めるの良いのですが、土日はどこのレジャー施設も混んでいるといったデメリットもあるでしょう。

この場合は平日に休みたいな…と思うこともしばしばありました。

とはいえ、月、火、水で平日に休むこともできますし、土日休みのメリットの恩恵の方がでかいので気にすることでもありません。

土日休みのお店を探す手っ取り早い方法

土日休みのお店を探せる求人サイト紹介

結局のとこと土日休みで働けるお店を探すプロセスが一番大切です。

基本は先ほどもお伝えした通り「ビジネス街」を中心に探すことが重要です。

ここでは簡単に探せる方法を教えます。

土日で働けるお店の探し方

探し方のポイントとしては、聞くのが一番早くて確実です。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは土日休みのお店を探すうえでかなり優秀であり楽。

・相談すれば探してくれる。

・非公開求人もあり探せる幅が広い。

・おまけに面接で有利になる。

上記三点が理由となります。

先ず転職エージェントは非公開求人を多く持っているので、その中に土日休みの求人がある可能性があります。

個人で受けようとすると、一般公開されている土日休みの求人は人気が高いので合格倍率が高くなってしまいます。

「合格倍率を下げる」といった意味でも、非公開求人を提案してくれる転職エージェントは活用してみるべき。

さらに、転職エージェントが企業との間に入ってくれるので面接に有利にもなります。

土日休みのお店を探せる求人サイト3選

こちらでは、転職エージェントを中心に土日休みのお店を探せる求人サイトを紹介します。

クックビズ

クックビズは飲食専門の転職サイト。専門だけあって掲載件数の多さがポイント。

掲載の多さから土日に休める案件の他に給料面などの希望に沿った求人が見つかります。

クックビズの詳しい情報はこちら公式サイトからどうぞ>>飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】

アイティーケー

アイティーケーも飲食専門の転職サイトです。業界求人数No.1サイト。

非公開求人の多さがポイント。希望の条件のお店を探すことができるでしょう。

アイティーケーの詳しい情報はこちら公式サイトからどうぞ>>【アイティーケー】

エフジョブ

エフジョブは飲食経験者の転職におすすめの求人サイトです。キャリアアップを目指した転職が可能となります。

土日に休める求人を探しながら且つ、キャリアアップも目指すことができます。飲食経験者におすすめです。

エフジョブの詳しい情報はこちら公式サイトからどうぞ>>【エフジョブ】


ぶっちゃけどれも大差ないので、全部登録して当たりの確立を上げるのがベスト。

僕の経験則から言うと、数打てば必ず当たりますw

登録は5分ほどで終了します。どれも無料で利用できますよ。

まとめ

まとめ

最後にまとめます。

結論から言うと、土日休みの飲食店に転職することは可能です。

何故なら、土日に集客の減るビジネス街ならば「土日にあえて休みにしている飲食店が多い」からです。

手っ取り早い探し方↓

・自分が通える範囲のビジネス街で探す。

・転職エージェントに登録してアドバイザーと相談する。
>>飲食系に強いおすすめ転職エージェント【採用者が3つ厳選した】

僕が実際に土日休みの飲食店を探し出し、転職までできた方法がこちらです。


僕の体験談としては「とにかく土日休みの飲食店は働きやすくストレスが少ない」ということです。

本当におすすめなので、飲食業界に転職するのであれば妥協しないで探した方が良いですよ。

 

説明は以上でおわり。

この記事がお役に立てれば幸いです(^^♪