>>世界一簡単なWordPressブログの作り方<<

【脱・情弱】合格できる転職情報は飲食経験者のブログを選ぶこと

 

こんにちは!KENです!

 

飲食業界に転職したい人↓

「飲食業界に転職したいのですが、ネット上のどの情報を信じれば良いのか分かりません。信頼できるサイトの特徴などあれば教えて欲しい」

そんな疑問に答えます。

結論から言うと、飲食業界の転職情報をネットで調べるなら飲食経験者の個人ブログを選ぶことです。

理由は、ネット上には実際に飲食業界の転職をしたことの無い人間がお金目的のために「合格のコツ」などとうたい企業に雇われて記事を執筆しているからです。
こういった記事の情報を信じても合格するのは難しいでしょう。飲食業界への転職をスムーズに行うためには正しい情報を仕入れることがポイントです。

 

上記を深堀します。

 

本記事の内容↓

・合格に繋がらない転職サイトを知ることから始める。

・経験者の個人ブログから情報を得ることで採用に有利になれる理由。


本記事を読みに来た読者の目的は、飲食業界への転職が少しでも有利になりたいからですよね。できれば「失敗」したくないと思っている方が大半だと思います。

先ほどもお伝えしましたが、そのためにはどのような情報を信じれば良いのか?ここが肝となります。

ネット上には企業から執筆を依頼されたライターの記事で溢れているのが現実です。そう言った記事は経験に基ずく根拠がないので信じても結果を出すことは難しいでしょう。

今回は飲食歴14年、面接官としての経験は5年の僕が飲食転職に有利になるサイトの選びかたのポイントをご紹介したいと思います。

合格できる転職情報は飲食経験者のブログを選ぶこと

合格できる転職情報は飲食経験者のブログを選ぶこと

Googleで「飲食,転職」で調べると【3,600万件】くらいのサイトがヒットします。正直なところ、この中から読者が信用できるサイトを探すのは無謀です。

最低でもその記事を執筆している人間が飲食業界に面接し合格した経験がある記事を選びたいところ。

5分くらいで読み終える内容なので、少しだけ時間を下さい。

合格に繋がらない無意味なサイトを知る

先ほどもお伝えしましたが、読者の目的は信用できるサイトを選び最終的には飲食業界に面接し合格することです。

つまり目的の合格に直結しないサイトは読まなくて良いと言うことですね。なので基本の選び方は消去法です。先ずは選ばない方が良いサイトを知ることから始めましょう。

 

合格に繋がらないサイト一覧がこちら↓

【合格に繋がらないないサイト】

・総合転職系の企業サイト

・飲食転職系のまとめサイト

上から順番に詳しく解説します。

合格に関係のないサイト

では、先ずは選ばない方が良いサイトの特徴から説明します。

✔総合転職系の企業サイト

先ずは総合転職系の企業サイトです。リ〇ー〇トなどの転職サイトのことですね。

こういったサイトには面接の仕方や履歴書の書き方など合格に役立ちそうな記事が書いてあることがありますが、面接官を経験したことのある僕から言わせてもらうと正直あまり活用できる内容ではありません。

合格のコツは採用企業の人材面の悩みを解決できるかどうかであり、そういった企業の悩みを理解し自己アピールすることが重要だからです。

総合転職系のサイトにある一般常識レベルの面接知識などを覚えたところで、それが採用の理由になることはほとんど無いというのがリアルな事情です。

✔飲食転職系のまとめサイト

飲食転職系のまとめサイトや比較サイトは、雇われライターが記事を書いていることがほとんど。

ネット上にある転職サイトや転職エージェントの情報を比較まとめただけだったりします。

これらのサイトも正直なところ信憑性に欠けます。

理由は転職サイトや転職エージェントを利用した経験がある僕からすると、経験しここの転職サイトが良いと感じたのならば素直に伝えれば良いだけだと思うからです。

わざわざ比較し読者に選ばせ、選択で悩ませる必要性は無いと思います。

飲食経験者の個人ブログを信じよう

飲食経験者の個人ブログを信じよう

経験者のブログを選ぶ理由

経験者のブログを選ぶ理由は飲食業界に合格したことがある「リアル」な経験があるから。そしてデメリットまで赤裸々に書いている、選ぶべき理由はこれしかありません。

そして合格には「合格する理由」が必ずあります。それは合格者と採用者にしか分かりませんよね。

その両方を兼ね備えているブログは信頼できると言えるでしょう。

✔信頼できる飲食転職ブログの見分け方

信頼できる飲食転職ブログの見分け方がこちら↓

・筆者の飲食歴を公開している。

・面接で合格した経験と、採用する立場の経験がある。

上記の経験がある執筆者のブログは信頼できます。

信頼できるサイトを選ぶ際はプロフィールから筆者の職歴を調べる

転職系のサイトを利用する場合は筆者の経歴をプロフィーるから調べておきましょう。

僕の経歴を紹介するので、他サイトの比較として利用して下さい。

✔KENの飲食歴

・飲食歴14年。内8年間は都内レストランや居酒屋で料理長を経験。

・面接官のとしての経験は5年ほど。

・人生で8回、正社員として面接経験あり(全て一発合格)

・飲食業界のプロ。採用基準を熟知した転職のプロでもあります。

インスタに自分の料理を掲載しています>>Instagram|_kenblog_


僕は飲食系転職ブログを書いていますが、僕と同じレベルの経歴を持つ執筆者はは少ないのではないかと思います。

なので転職サイト選びに迷うのであれば僕のブログを信じて頂ければ良いのかと思います。

デメリットも隠さず書いているサイトを選ぶ

デメリット書いているサイトは信用できると言えます。

なぜなら、企業サイトや雇われライターはコンプライアンス的に「デメリット記事」を書けないからです。

企業は基本的に「お金儲け」が目的でサイト運営しています。デメリットを書くと企業イメージが悪くなるの書けないと言うことです。

しかし、個人ブログはデメリットすらも読者のために書いてしまいます。

例えばこちら【悲報】飲食の転職にホテルは辞めた方が良い【料理長になれない】と言う記事。
ほぼ100%デメリットの記事です。僕が働いていたホテルニュー〇〇〇〇の料理長が10年以上同じ人で、誰も昇進できないというホテル業界の闇を紹介した記事です。

職場選びの参考になる内容ですが、企業サイトは書けません。ですが個人ブログはこれから転職を希望している読者のためにデメリットすら情報提供が可能です。

こういった「本当のところ」を書いているのも、個人ブログを選ぶべき理由となります。

面接で聞かれた内容や履歴書の書き方などのリアルな情報を手に入れることが可能

僕の場合、8度の面接と履歴書作成を経験しています。8度も合格経験をしていれば合格のコツは分かります。

さらに面接官としての経験があるので採用基準を知っています。

例えば、面接ではいくら自己アピールをしても無駄であったりします。自分なりに良いことを語っても、面接官に自分が採用された時の未来を想像させてあげないと伝わりませんから。

企業が欲しい人材を理解した受け答えをすることで採用条件とマッチし、合格に至ることを理解している志望者は本当に少ないです。

他にも、職務経歴書に前職のスキルや実績を細かく書いたところで同じ経験をしたことの無い面接官には理解できません。飲食業に通用する経験を書いて初めて職務経歴書でアピールできるのです。

こういった、採用の本質を知っているのも飲食経験のある筆者だから。筆者の経歴一つで合格に有利になれるか判断できますよね。

転職サイトの良し悪しも経験しているから分かる

当たり前の話ですが、転職エージェントのサイト運営者が自分の自社の転職エージェントを利用することありませんよね。

転職サイトの良し悪しは実際に利用したことのある個人にしか分かりません。

例えば僕は転職サイトも利用済みなので、どこのサイトがおすすめなのか即答できます。

転職エージェントの飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】 はおすすめです。なぜなら知名度があるので企業のブランド力を武器に個人で応募するよりも面接に有利になれるから。
「クックビズさんの紹介なら」といった感じで採用されます。こういった情報も個人ブログでしか知ることはできません。

まとめ

まとめ

最後にまとめて終わりとします。

結論に戻りますが、飲食業界の転職情報を調べるなら「飲食経験者の個人ブログ」を選ぶことです。

理由は、個人のリアルな経験を活用することで面接に有利になれるからです。

経験者のブログを読んでみよう

経験者のブログから情報を得た方が良いことは分かったけれど、次に何をすれば良いか分からないと言う方がいるかと思います。

冒頭でもお伝えした通り、本記事を読んでいる読者の最終的な目的は「飲食業界に就職すること」ですよね。

そういった方の悩みを解決するためにこちらで関連記事をご用意しました。

✔飲食合格に向けて以下の記事を読んでみよう

・ステップ① 自分に合った転職先の探し方について
>>飲食系に強い転職サイト・転職エージェント紹介【おすすめ3選】

・ステップ② 職務経歴書を準備しよう
>>【飲食転職】合格できる職務経歴書の書き方【後のキャリアも想定】

・ステップ③ 転職先が見つかったら面接対策をしよう
>>【飲食転職】面接のコツを教えます【志望動機のテンプレあり】

上記の流れで対策を行えば完璧です。

注意点は無料の転職エージェントを使用するのが前提と言うことです。僕は8度の面接経験がありますが、転職エージェントを使用したこともあり全て1発合格できました。

 

説明は以上でおわりです。

ここまで読んだ読者は、合格に繋がるサイトの選び方から採用までの流れまで理解できたと思います。

 

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。