>>世界一簡単なWordPressブログの作り方<<

【Googleのブロック対策】ゲームブログをSSL化する手順

 

こんにちは!KEN(@KEN_kenblog)です!

 

Googleが今後「http」と「https」のミックス記事をブロックするみたいですね。

ブログがブロックされないように、今のうちにURLを「http」から「https」に変更しておきましょう。

 

結論から言うと、WordPressのプラグイン「Really Simple SSL」を導入すれば簡単にブログ全体のSSL化(https化)ができます

上記を深堀します。

【Googleのブロック対策】ゲームブログをSSL化する手順:本記事の内容

本記事の内容↓

・SSLの役割とは?

・ブログのSSL化の必要性を解説。

・SSL化(https化)の方法を紹介。

・SSL化後の各種設定の見直しを解説。

Googleはより信頼性の高い記事を検索に表示させたい

Googleはより信頼性の高い記事を検索に表示させたい

SSLの役割とは?

いまいちSSLについて分からない方がいるかもなので、先ずはSSLとは何かサクッと説明します。

1.暗号化通信

「共通鍵暗号方式」と「公開鍵暗号方式」の両方を用いて、
インターネット上のデータ通信を暗号化することで第三者から盗聴を防ぎます。

※引用元:SSL/TLS総合解説サイト

2.サイト運営元の確認

SSL/TLS通信ではウェブサイト所有者の情報・送信情報の
暗号化に必要な鍵・証明書発行者の署名データ
(ネット上の実印のようなもの)を持つSSL証明書を利用します。
そのため、サービスの提供者が誰なのかを登録する必要があり
サービスの運営元が誰なのかをSSL証明書を通じて
利用者は確認をすることができます。

※引用元:SSL/TLS総合解説サイト

と言った感じ。

要約するとSSLで暗号化されるのでハッキングに強くなり、SSL証明書によりサイトの信頼性が上がると言うことです。

ブログのSSL化の必要性を解説

上記の通りブログをSSL化することでセキュリティ対策とサイトの信頼性のアピールが可能ですが、今後のブログ運営には絶対的な必要性があるとのこと。

こちらをご覧ください↓

Googleが12月(2019)から「http」ミックスページをブロックする可能性あり

先日マナブさん(@manabubannai)がこんなツイートをしていました。

 

 

こちらのツイートどういうことかと言うと、

「https」のページ内に「http」のURLが混同している記事は、今後Googleにブロックされてしまうと言うこと。

ちょっと難しいですね。

※Googleの本文はこちら→Googleセキュリティブログ

もっと噛み砕いて説明すると、

・「https化」したら、サイト内の画像などのURLも全て「https化」しなきゃダメ。

例えば公開サイトは「https」なのに、コピペした画像などが「http」のままだとGoogleにブロックされると言うことです。

「サイト内は全てhttpsに統一しようぜ」ってことですね。

そしてGoogleは将来的にサイトの信頼性の低い「http」を淘汰するものと思われます。

本記事で紹介するSSL化の方法はWordPress全体を「https化」してしまうので問題はないかと思います。

SSL化(https化)の手順

SSL化(https化)の手順

では、本記事のメイントピックスですがブログ(WordPress)のSSL化の方法はすごく簡単です。

WordPressのプラグイン「Really Simple SSL」を使用します。

プラグイン「Really Simple SSL」

こちらですね↓

[blogcard url=”https://ja.wordpress.org/plugins/really-simple-ssl/”]

導入方法は、

①「Really Simple SSL」のプラグインをインストールする。

②インストールしたら有効化。

これだけ。

後は自動でサイトのURLが「https」になります。

有効化したらSSL化できたか確認

確認の仕方は、

WordPressのサイドバーから

・「設定」→「一般設定」→WordPressのアドレス(URL)と、その下のサイトアドレス(URL)が「https」になっているのを確認。

「http」の時は語尾に「s」を付けましょう。

もしSSL化されない場合はサーバー元でSSL設定が必要かと思われます。

Xサーバーをお使いの方はこちらでSSL設定の仕方が分かります→Xサーバー|無料独自SSL設定

 

ちなみに、XサーバーでSSL設定したら反映まで1時間ほど時間がかかるので焦らず待ちましょう。

認証されたら再度プラグインを有効化してみましょう。

※すみません。僕はXサーバーしか使用したことがないので、その他サーバーでの設定は説明できません。

サイト内の画像も「https」に自動で置換される

サイト内の画像のURLなども全て「https」に置換されるので、上記で解説した「Googleのブロック」も大丈夫かと思います。

僕のサイトでも「Really Simple SSL」を使用していますが、今のところ全て「https」になっています。

初めてのことなのでブロックされるかは、その時が来てみないと分からないですが…。

先に謝っておきますが、もしこれでブロックされたらごめんなさいm(__)m

SSL化後の各種設定の見直しを解説

SSL化後の各種設定の見直しを解説

サイトがSSL化できたら、次は各種設定の見直しです。

見直しというのは過去の「http」で登録していたサイトURLを「https」に書き換えると言うこと。

見直しポイントは、

・Googleサーチコンソール

・Googleアナリティクス

・ASP各社のサイト登録内容

上から順番に解説します。

Googleサーチコンソール

GoogleサーチコンソールのURLを「https」のサイトアドレスに変更しましょう。

・サイドバーの一番上。「プロパティを追加」から「https」に変更した新しいサイトアドレスを追加。

・忘れずに「https」のアドレスからサイトマップも再送信します。

サイトマップの送信についてはこちら【ゲームブログ】初心者向けSEO対策の手順【WordPress】からどうぞ。

Googleアナリティクス

次はGoogleアナリティクスのURLを「https」のものに変更です。

・サイドバー左下の「管理」→「プロパティ設定」→「ディフォルトのURL」を「http」から「https」に変更します。

以上。

ASP各社のサイト登録内容変更

最後にASPのサイト登録情報を変更します。

各サイトにログイン後、サイト情報の変更をすればOK。

以上でブログのSSL化(https)のやり方の説明は終わりです。

まとめ

まとめ

結論に戻りますが、WordPressのプラグイン「Really Simple SSL」を導入すれば簡単にブログのSSL化(https化)ができます

 

SSL化の必要性は↓

・SSLで暗号化されるのでハッキングに強くなり、SSL証明書によりサイトの信頼性が上がる

【12月(2019)からGoogleが「https化」を推し進めてくる】

・「https化」したら、サイト内の画像などのURLも全て「https化」しなきゃダメ。

例えばサイトは「https」なのに、コピペした画像などが「http」のままだとGoogleにブロックされてしまう。

将来的には信頼性の低い「http」は淘汰される。

 

「Really Simple SSL」導入方法はこちら↓

①「Really Simple SSL」のプラグインをインストールする。

②インストールしたら有効化。

SSL化されない場合はサーバー元でSSL設定が必要かと思われます。

Xサーバーをお使いの方はこちらでSSL設定の仕方が分かります→Xサーバー|無料独自SSL設定

 

SSL化後は各種設定を見直しましょう↓

下記サイトの登録アドレスを「https」に変更します。

・Googleサーチコンソール

・Googleアナリティクス

・ASP各社のサイト登録内容

Googleのアプデまでにはブログの「SSL化」を済ませておきたいですね。

「http」のままに放置したらブロック判定を受けるかもしれませんから。

追記:本記事の方法で正解でした(2020年3月)

Googleが「https」を2019年12月から推し進めると公言してから、3か月が経ちましたが、本ブログにおける影響は何もありませんでした。

検索順位も順調に上がり続けています。

本記事で紹介した手順でSSL化の方法で正解だと実証されました。

 

以上で説明はおしまい。

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです(‘ω’)ノ