>>世界一簡単なWordPressブログの作り方<<

プラグイン『Autoptimize』の設定方法|WordPress

 

こんにちは!KEN(@KEN_kenblog)です!

今回はWordPressのプラグイン『Autoptimize』の設定方法をご紹介します。

本記事の設定は、WordPressの高速化を目的とした設定となります。

 

本記事の内容

本記事の内容↓

・『Autoptimize』の利用目的

・『Autoptimize』の導入方法

・『Autoptimize』の設定方法

WordPressのプラグイン『Autoptimize』の利用目的

WordPressのプラグイン『Autoptimize』の利用目的

『Autoptimize』の利用目的ですが、目的は「ソースコードの圧縮」です。

ソースコードとは、HTML、CSS、Javaの3点です。

ブログが読者のブラウザに表示されるときに、サーバーからブログのデータが読者へ転送されています。

そのデータの転送量を少なくする(圧縮する)ことで、WordPressを高速化するといった仕組みです。

本記事では、『Autoptimize』のプラグインを利用し、ソースコードを圧縮する方法をご紹介します。

『Autoptimize』の導入方法

プラグイン『Autoptimize』の導入方法は、WordPressのサイドバー「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

「プラグイン」→「新規追加」をクリック

検索窓に『Autoptimize』と入力し検索します。

『Autoptimize』と入力し検索

上記画像のものが『Autoptimize』です。

インストール後、有効化で導入完了です。

『Autoptimize』の設定方法

設定方法は下記画像を見て頂ければ簡単に行うことができます。

設定箇所は3つだけ

・「JavaScriptコードの最適化」にチェックを入れる。

・「CSSコードを最適化」にチェックを入れる。

・「HTMLコードを最適化」にチェックを入れる。

最後に、「変更を保存してキャッシュを削除」をクリック。

「JavaScriptコードの最適化」にチェックを入れる

JavaScriptオプションという項目から、「JavaScriptコードの最適化」にチェックを入れます。

「JavaScriptコードの最適化」にチェックを入れます

「CSSコードを最適化」にチェックを入れる

CSSオプションという項目から、「CSSコードを最適化」にチェックを入れます。

「CSSコードを最適化」にチェックを入れます

「HTMLコードを最適化」にチェックを入れる

HTMLオプションという項目から、「HTMLコードを最適化」にチェックを入れます。

「HTMLコードを最適化」にチェックを入れます

最後に、「変更を保存してキャッシュを削除」をクリックして設定完了。

「変更を保存してキャッシュを削除」をクリック

以上で説明はおしまいです。

それでは、まったねー(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください